2005年12月15日

蹴り納め

今日は2つ目のテストBiomechanics(生物力学)をなんとか終えてきた。最初の方の問題がむずかしくてこれはやばいかもとちょっと焦ったけど進むにつれて難易度も下がってきて最後の方の問題は結構簡単だった。テスト後は今年最後のサッカーの試合にいってきた。アウェイゲームだったのでミニバスで移動したんだけど集合場所はアングリカン大聖堂。ありがたいことに僕の寮の目の前だ。リバプールには2つ大聖堂があってもうひとつのメトロポリタン大聖堂にいっちゃったチームメートが2人もいました。

バスで1時間近く移動して対戦相手の大学に到着。ど田舎にただずむ大学だったので敷地がすごく広くサッカーコートも4面くらいあった。施設もすばらしい。ちなみにうちの大学にはキャンパスといえるよーなものはなく町の中にポツンポツンと大学の建物がある感じなので憧れの芝生の上にねっころがるキャンパスライフは味わえません。で、僕らは受付にいき更衣室はどこかたずねてみることに。そこで衝撃の事実が発覚した。なんと僕らが試合する場所はそこから離れたところにあるキャンパスだったのだ。しかもバスの運転手はもう次の仕事にいってしまったではないか。親切にもこの大学がミニバスを出してくれるとのことだったんだけど「やっぱり今ミニバスが全部使用中だからだめ」だそうだ。キャンパス内で2,3台放置されてたけどあれはなんだったんだろう。しょうがなくタクシーを使って試合会場にいった。そこは普通の牧場みたいなところでさっき僕達がみた豪華な施設とは比べ物にならないほどひどい場所でした。試合もPKを2回も取られてしまい4−1で惨敗。ということで今年最後の試合はあっけなく終わってしまった。
posted by ヤス at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー>プレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。