2006年01月16日

娯楽 or 本気

2006年も15日がたったところでようやく新年初蹴りをしてきました。本当は大学のサッカー部の練習があるはずだったんだけど人数不足で中止に。というわけでハウスメートとその友達と一緒に学校のジムに付属してる小さなインドアコートで4vs4のミニゲームをしてきました。。去年もたまに彼らとミニゲームをすることがあったんだけど感想は正直「楽しくない」なんだよね。技術的にうまい下手とかじゃなくてなんて言うか考え方の違いなのかな。。。せっかく休日にジムまで出向いてサッカーするわけだから勝ち負けとかじゃなくて楽しくやりたいってのが僕の意見なんだけどこっちの人たちはどうやらそういう考えはないみたい。やっぱり勝つことがすべてでそのためにはなんでもする。インドアなのにスライディング張りの危ないプレーとかゴールからすごい離れてるのに(空気を読まず)思いっきりシュートするとか。楽しむのか勝ちにこだわるのか、どっちが正しいなんてものはないと思うけどそこに日本人(僕だけ??)とイギリス人の違いを感じた。と同時に彼らのような考え方が日本のサッカーのレベルアップには必要なのではないかとも思う。日本人選手は技術は高いと思う。ただメンタル面で弱いところが多いと思う。「絶対勝つ。そのためにはなんだってする」こういう考えが代表選手やプロの間だけでなくユースや学生、社会人、ただ遊んでる人達にも芽生えるような文化になればもっと日本も強くなるのではないかと思う。
posted by ヤス at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー>プレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。