2006年03月23日

Varsity Cup

昨日は同じリバプールにあるホープ大学とVarsity Cupという大学対抗戦があった。サッカー、ホッケーなどスポーツ系の全チームが戦って総勝数を争うというものだった。というわけで町の外れにあるホープ大学のキャンパスで試合をするはずだったんだけど何故か僕達のチームだけ仲間外れにされ、そのキャンパスから離れたスポーツセンターに行かされる羽目になった。

これが今シーズン最後の試合ってわけで「後半からはクジでポジションとか決めて楽しくやろう」とか言ってたのに蓋を開けてみれば前半を1−2で折り返してしまったため後半も結局は前半と同じポジションでまじめにやることになった。ところがそれにもかかわらずその後2点を追加され無残にもボコボコにやられてしまった。昨日の不幸はそれだけじゃなく試合後にキャンパスで何か食べ物が供給されるらしいという噂を聞きつけ行ってみたもののそんな雰囲気はなく結局帰ることになったという無駄足を踏まされた。

昨日唯一楽しかったのはハウスメートとFAカップを見たことくらいかな。ふとしたことから話がアジアの国のことに移り、彼らの地理の知識のなさに楽しませてもらった。リム隊長は「日本と中国って陸続きだよね?」と言えば他のハウスメートは「お前はバカだな〜。日本は島国だよ。ニューヨークまで海底トンネルで繋がってるんだぜ」とか言っててマジで爆笑した。やっぱり遠いアジアの国にはあまり興味がないんだと実感した。
posted by ヤス at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー>プレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。