2007年03月04日

被験者

最近実験のことをよく書いてる気がしますが、今日は実験を「した」方ではなく被験者として参加したことについて書きたいと思います。

詳しいことはよく分からないのですが、この実験はどうやら食事と運動の関係についてのものらしく、食事を与えられてから2,3時間の休憩をとり実験室に戻って実際に実験をするというものでした。というわけで来週は違うタイプの食事を与えられまた同じことをするみたいです。

今回の実験もサッカーに関するものなので45分間ランニングマシーンで走り15分のハーフタイムをとりさらに45分走るというものでした。走るペースも歩き、ジョギング、ダッシュなどがランダムにちりばめられていて実際のサッカーの試合に近い運動が求められました。

実際に走ってるときは心拍数やら肺活量などを計測されましたが、それはあまり苦になりませんでした。それよりも4回も血を採血されたのがちょっときつかったです。しかも一回の採血につき小さな試験管3本分もとられるのでまさしく出血大サービスといった感じです。

採血をした実験者の人は今までに採血に失敗したことがないベテランさんでしたが、最後の採血の時に見事に失敗してくれました。しかも初めての失敗が少々癪に障ったらしくイライラしてましたが、失敗されたこっちの身にもなってくれよ!という感じです。次回は失敗しないことを祈るのみです。。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。