2007年03月19日

閉じ込められる

これは2,3日前の就寝前のできごとです。

僕はいつものようにトイレに行こうと立ち上がり部屋のドアに手をかけます。そしていつものようにドアノブをまわしドアを引くのですが、いつもと違いドアが開きません。そこで鍵をかけてたことに気付き、ロックを解こうとしたのですが、実は鍵はかかってませんでした。

「じゃあなんで開かないんだ??」

と、一瞬戸惑ったのですが、すぐに思い当たる節がありました。2,3ヶ月前に鍵を取り付けている部分のねじがゆるんでるのを発見し、締めなおしたことがあるのですが、どうやらまたねじが緩み金属板が浮いてしまったみたいで、それがドアの開閉の邪魔になっていみたいでした。

理由は分かったもののもう深夜1時。なすすべ無し。今夜はトイレに行けない→小学生以来のおねしょか!?とまで追い込まれもしましたが、まぁ部屋に入れなくなるよりはましかと落ち着きを取り戻しました。とその時、脳裏に過去のとある出来事がよみがえってきました。去年の夏、実家のトイレの鍵が壊れて中に閉じ込められたことがありました。そのときはドライバーを駆使して鍵をこじ開けることができました。それを応用すれば今回もうまくいくだろうと少しだけ希望が見えてきました。

とは言っても、僕の部屋にドライバーなどもちろんありません。が、カッターなら細いしいけるだろう!とトライしてみると難なくドアが開きました。あとはカッターの先っぽでねじをまた締めなおし一件落着でした。おかげでトイレにも行けておねしょもせずに済みました^^
posted by ヤス at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったよぉ〜(>_<)なんという感動劇だろう(笑)
あはは。。気をつけてね〜。
Posted by nega_豚さん at 2007年03月20日 20:16
いや〜ほんとによかったよ^^
これからはこまめにネジ締め直します!!
Posted by ヤス at 2007年03月21日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。