2006年05月07日

お隣さんがTVに??

昨日のお昼過ぎくらいにチャンネル4のshipwreckedっていう番組を見ていました。この番組簡単に説明すると若い男女による無人島でのサバイバルゲームみたいなもん。太平洋に浮かぶ何もない無人島に住む場所を作り、自給自足の生活をします。タイガーチームとシャークチームに分かれそれぞれ別の無人島で生活をし、毎週一人新しい人がこのゲームにやってくるのです。で、3日間をタイガーと過ごし、次の3日間をシャークと過ごし、最後の日にどちらの仲間になるかを決めることになります。最終的によりメンバーの多いチームには賞金1400万円が与えられるのでどちらのチームあの手この手を使って新人を獲得しようとしてるわけです。

特に毎週見てるわけでもないんだけどTVをつけたらたまたまやってたから見てました。まぁ特筆することもないまま番組は次回予告まで進んでしまいます。次回予告は来週到着する人が船で島に近づく場面から始まるんだけど、どうやら次の新人はド派手な赤い髪を束ねる黒人女性のようです。しかもその人はなんとお隣のリバプール大学の生徒とのことです。とか言われちゃうと「そーいえばこの前こんな感じの人を中華街のそばで見た!」と単純な僕は思っちゃいます。さらに次回予告は彼女のインタビューに進みます。すると。。。

スカウス キタキタキタキタ━(゜ェ゜*≡(゜ェ゜*≡*゜ェ゜)≡*゜ェ゜)━!!!!!!!!!!

バリバリのスカウス(方言)しゃべってました。イギリス在住でスカウスアクセントに興味のある方は来週のshipwreckedをご覧くださいm(__)m
posted by ヤス at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

クイズミリオネアで。。。

風邪のおかげで昨日も引き続き一日中寝てました。というわけで暇だったのでずーっとTVを見ることに。見た人もいるかもしれませんがitvのクイズミリオネアですごいことが起こりました。昨日はバレンタインスペシャルだかなんだかで男女のペアでクイズにチャレンジ(すごいことはこれではないです)。2人だったらどっちかが知ってればいいわけだから楽だろうなぁと思って見てたら案の定次々と正解していきました。そして無事10問目に正解してこのカップルは最低でも£32,000(640万円)を持ち帰れることに。

この問題以降女性の方がちょっとびびりだして「リスクは犯さない」って連呼しだしたんだけど男性の方が相当自信があったのか強気に問題に挑戦してついには最終問題まで行き着きました。これに正解したら£1million(2億円)。失敗すれば£32,000(640万円)。今やめれば£500,000(1億円)ってなわけで女性は1億円でいいよ〜って感じでしたが、ライフラインがないにも関わらず男性は強気に挑戦しようとしてました。問題は「ラテン語からきてるアメリカ合衆国のモットーは何?」みたいな感じ。TV的にきっと正解するんだろーなぁと思って見てたらなんと不正解。カップルの答えは確かにアメリカのモットーの1つだけどラテン語から来てるものではなかったらしい。もちろんカップルは意気消沈。

しかしその10秒後。イギリス版みのもんたが「この問題はちょっとひっかけっぽかったからもう1回チャンスをあげましょう」と。「そんなのあり??クイズなんだからひっかけは当然だろ!」と思って見てたんだけどとりあえずもう一度最後の問題に挑戦することに。にも関わらずカップルは答えが分からずドロップアウトして£500,000(1億円)ゲットして帰っていきました。多分このカップルが賞金はチャリティーで病院に寄付するみたいに言ってたからもう1回チャンスを与えられたのではないかという疑惑が僕の中ではあります。さすがチャリティー大国イギリス。
posted by ヤス at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | イギリス>TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

TVライセンス

イギリスでTVを見るにはTVライセンスなるものを払わなければならない。これは日本でいったらNHKの受信料みたいなものなんだけど唯一の違いは「払わない=法律違反」で罰金を払わなければいけないらしい。このTVライセンスは£126(約2万5千円)で1年間有効。もし払ってないことがばれた場合の罰金はたしか20万くらいだったかな。で、僕はTVは見てるって言ってもパソコンで見てるから払わなくてもだいじょぶかなぁと思っていたんだけど昨日1通の手紙を受け取った。そこには驚きの1文があった。「我々はあなたがTV関連の商品を12月に買ったという情報を得ました。TVライセンスを払ってください」。これを見て僕は一瞬考えた。どっからどうやってそんな情報を得たんだろう?まさかジェームスボンドにスパイされてたんではないかとさえ思った。アンテナは普通の電気屋さんで買ったし住所などの記入も求められなかったハズだ。そこでハッとした。問題はWinTVを買ったときに違いない。ネットで買ったからお届け先の住所を教えなければならなかった。で、そこの会社がきっとTVライセンスの会社に告げ口をしたのだろう。まぁ一応法律で決められてることだし罰金払うよりは普通にライセンス払った方がいいと思いさっそくTVライセンスのホームページから払っておいた。NHKの受信料未払いの問題も将来は法律で払わなければいけなくなるのだろうか。。。そのときはきっとこの出来事を思い出すんだろうなぁ。。。
posted by ヤス at 20:07| Comment(9) | TrackBack(0) | イギリス>TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

CMに注目せよ

最近はよくTVを見るのだがもうそろそろ飽きてきた。というのもまずこっちのTVはチャンネル数がものすごく少ない。だいたい4〜5chくらいしかうつらないのだ。12chも映る日本と比べたら確率的に面白い番組をやっている可能性が低い。12chある日本ですらおもしろい番組がないこともあるくらいだからそれが5chしかないとどうなるかはもう分かりきったことだろう。一番おもしろいのはもしかしたらCMなんじゃないかと最近は思うくらいだ。というのもこっちのCMは本当に変なものばっかなのだ。まず始めの5秒でなにか分かるようなCMはごくわずかである。最後の5秒くらいでようやく判明するものもあれば最悪の場合何がいいたかったのか結局わからないなんてことも起こりうる。そしてそのCMと商品の関係が本当にわからない。ということで「これはなんのCMなんだろう」と興味を引き立たせてくれる。さらにはなぜかこっちのCMは外国語を使うのが流行りらしく中でも日本語は一番人気なのではないかと思う。ちょっと前まで日本人が巨大クラゲとたわむれてるCMがあったし(結局なんのCMだったかは謎だが)、携帯のCMで仙人っぽい日本人が登場しもっと売れるためのアドバイスをするというのもあった。ただこの仙人「パンダの子はパンダじゃ〜」みたいな意味不明なことを言うので結局は通訳の人が「新しいカスタマーを探す前に現存のカスタマーのサービスを充実させるべきだ。と仙人は言ってます」みたいに勝手に変えちゃってた。そしてこのアドバイスが社長に気に入られ結局は仙人は山からつれだされその後を描いた続編CMもあったような気が。そーいえばpricelessで有名なマスターカードやi'm loving itのマックのCMは基本的には同じです。
posted by ヤス at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

Who wants to be a millionaire?

土曜の夜7:30と言えば「Who wants to be a millionaire?」が始まる時間である。もうお気づきの人もいるかもしれないけどこの番組みのもんたの「クイズ$ミリオネア 」とまったく同じです。あのうす暗く青い怪しげな光で満たされてる会場、みのもんたとにらめっこするにはもってこいのテーブル、さらには「オーディエンス、50:50、テレフォン」といったライフラインどれをとってもまったく一緒です。唯一、そして一番の違いは賞金です。この番組のタイトルに含まれてるmillionaireという単語はイギリスだと£100万を持ってる人って意味。つまりタイトルを直訳すれば「百万長者になりたいか〜」って感じで賞金は最高で£100万。ちなみに日本円に直したらなんと2億円!クイズミリオネアの20倍である。

最高賞金額も違うけどそこにたどりつくまでも違って、5回正解すると£1000(20万円)が保障される。そしてさらに5問正解すると£32,000(640万円)が最低でも持って帰れることになる。ということで10問正解して100万円持って帰れる日本のクイズミリオネアとはちょっと金銭的には比べ物にならない。じゃあ日本のミリオネアが勝っているとこはどこだろうと考えてみた。やっぱりみのもんたの表情だろう。司会はクリス・タラントという人なんだけどファイナルアンサーって聞いてから「正解」か「残念」と言うまでがみのもんたとは比べ物にならないくらい早く表情で挑戦者を惑わすような芸も持ち合わせてない。ただみのもんたのタメがあまりに長くしかもCMに入ったりするという視聴者をいらだたせるようなことはないのでこれもこっちの勝ちということにしとこう。しかも日本のミリオネアの場合残り5分くらいになったら「これで最後の問題かなぁ」と予想できちゃうんだけどこっちでは無理です。というのも時間がきたらそこで終了。その人はまた次の週に持ち越されてしまうのです。
tarrant_pose_175_x_132.jpg
(司会者のクリス・タラント)
posted by ヤス at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ソープ番組

パソコンでTVをみれるWinTVを買って以来パソコンをつけてるときはだいたいTVを見るようになった。昨日もTVを見ているとなんか見たことある人というか見たことある番組がやっていた。それはChannel4のHollyoaksというソープ(ドラマ??なんでもこういう系の番組に石鹸のスポンサーがよくついたからソープと呼ばれるのだとか)だ。何が驚きかってこの番組ぼくが夏休みに日本に帰る前からやっていてまだ続いてたのかぁと。こっちにはまだこのソープ番組が結構あってなんでも数年もつづくらしいのです。。。しかも週に2,3回も放送がありよくネタがつきないもんだと感心(ちなみにこのHollyoaksはなんと毎日放送しています)。そして見る方もよく飽きもせず見ていられるなぁと感心。ソープはそれなりに人気らしいんだけど内容はただのどろどろした人間関係。A君とBちゃんが付き合ってて浮気が発覚し喧嘩。そして仲直り。これの永遠の繰り返しである。昨日も「またこいつら喧嘩したんだぁ」→「また喧嘩したってことは一回仲直りしたってことだよな?ってことはまたこりもせず彼女の癪にさわることしちゃったのかぁ」とか余計なことを考えてしまった。ただ正直何がおもしろいのかよくわからないのだがこのソープがゴールデンに放送されてるってことはやはりイギリス人好みの番組なんだろう。日本だと「渡る世間は鬼ばかり」がこのソープにあたるのかなぁ。もしイギリス進出してきたらもしかして結構はやるかも。。。

posted by ヤス at 18:22| Comment(3) | TrackBack(0) | イギリス>TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。