2005年10月08日

入学その1

こっちの大学(少なくともうちの大学)には入学式のようなものはないみたいだ。しかし授業開始にさきがけて留学生には説明会みたいのがあった。時間にちょっと余裕を持って到着するとすでにたくさんの留学生がいた。しかし遅刻をしてきた人がかなり多かったのにはちょっと驚いたけど新しい町で迷ったりなんだりあったのだろう。でも途中で帰っちゃう人がいたのにはちょっと驚いた。たしかにありきたりの説明で早く帰りたくなる気持ちはわかるけど僕にはまねできなかった。

後日、今度はEnrollmentという学部ごとに特定の教室にいって書類を記入して提出するというイベントがあった。ちょっと早めについて奥のカフェみたいなところで待っているとぞくぞくと人が集まりだした。時間になるとこの人たちがいっせいに動き出してあっという間に長い行列ができた。そこにならび待つこと20分。ついに自分の番が来た。
なにかがおかしい。みんなと同じように自分の名前をつげたのだがみんながもらっている書類がもらえない。そして衝撃の事実が発覚した。なんと20分も違うところに並んでいたのだ。。。気を取り直して正しい場所にならび待つこと20分。またしてもあらたな事実が発覚した!昨日あったInduction(学部の説明会みたいなもの)に参加しそびれていたのだ。でもそんなこと知らされてなかったのだが。と思ってるととりあえず書類を提出して学生証をつくればメールが使えるようになるから教授に連絡してみてとのことだ。言われたとおりメールをだしてみた。あとは教授からの返信をまつだけである。

後で知ったのだが同じ学部のひとつ上の日本人も去年ぼくと同じように知らされてなくInductionには参加できなかったそうだ。なぜこの学校は去年の反省をいかしてぼくに伝えることができなかったのだろう。。。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。