2006年11月01日

Voucher

3週間くらい前に教授の発表会にボランティアで参加して心拍数を測りながらサッカーをしてきたんですが、それが予想以上に好評だったらしくご褒美に HMV か WHSmith (本、文房具屋)の£15ぶんの商品カードをもらえるとのことだったので WHSmithの商品券をもらっときました。HMV で£15だとせいぜいDVD1本くらいしか買えないし、ちょうど文房具買いたかったので。

というわけでリーズリーフ、バインダーなどなどタダで頂いちゃってきました。僕の感覚だとこっちの文房具はやたらと高いので本当に助かります。ついでに前々から欲しかったがびょうもゲット。がびょうくらいもっと早く買えよって感じですが前に買いに行ったときには、がびょうとか色々なピンがセットになって£6くらいのやつしか見当たらなくピンなどには用がなかったので断念。

ところが昨日行ったときは普通に£1くらいでがびょうだけのセットを無事発見。というわけで今日から11月になり今年も残るところ2ヶ月というところでようやく部屋にカレンダーを貼り付けられます(笑)まだカードには£6くらい残りがあるので今度は本でももらいに行こうかな。。。
posted by ヤス at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

DVD レンタル

DVDレンタルまでネットで出来てしまうんですね。。。この事実をamazon UKのサイトを見てるときに発見してしまったので早速チャレンジ。しかもアマゾンは太っ腹にも2週間の無料体験期間まで用意してくれてるので、6本もタダで見ちゃいました。ただ無料の2週間の直後から有料期間に突入するんだけど、それも今日ちゃんと解除しといたからなんの請求書もこないはず。。。

見たいDVDが手元に届くのでわざわざレンタルショップに行く手間も省けて一石二鳥でした。返却も郵便ポストにいれるだけとかなりお手軽。もちろん切手を買う必要もなし。

というわけで前から見たいと思ってたスターウォーズアニメ版(エピソード2と3の間の話をアニメ化したもの)、日本に帰るときの飛行機で途中まで見たイオン・フラックスなどなど満喫しました。これに味をしめてしまったので他にもオンラインDVDレンタルショップがないかちょっと検索してみたところ2,3無料体験期間があるサイトを発見(Lovefilm.comなど)!暇なときにまた試してみたいと思います。
posted by ヤス at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

スーパー運ゼロ

昨日はスペイン人の友達がパーティーを開催するらしく、僕も何か日本食でも出品しようかと思いチャイニーズスーパーマーケットに材料探しに。ところが使えそうな食材は何一つ見つからなかったので一緒に来ていた友達の買い物のためにTescoというスーパーへ直行。

いつものことだけど夕方のTescoはすこぶる混んでいてレジには長蛇の列ができている。僕らもその列に入って待っていると奥のレジの方から男の叫び声が聞こえてきました。なんだかものすごく興奮している様子。レジの向こうのガラス窓の外にはギャラリーも出来始め、警察まで駆けつける始末。僕らのいた所からは何が起きてるのか全く分からなかったけど、後ろにいた人が言うには男が流血しているらしい。まぁ酔っ払いが喧嘩でも始めたってとこでしょうか。。。

とにかく僕らが並んでた列は順調に流れ、僕も無事会計を済ませました。そしてさぁ彼が会計へというところで

「この店はもはや安全ではないので、直ちに店を出てください」

と店内アナウンスが。仕方なく僕らは寮の近くのスーパーへ行くことに。僕だけ買い物できちゃったのでちょっと気まずい雰囲気の中、寮のそばのスーパーにつくとなんとそこは既に閉まってました。。。まだ6時なのに。。。とことんスーパーに見放された一日でした。。。
posted by ヤス at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

Matsui

と言ってもゴジラ松井ではありません。では松井大輔の方か?そーゆーわけでもないです。これはイギリスの電気メーカーMatsuiのお話。

初めてイギリスに来たとき、ホストファミリーの家で数々のMatsui製品を目にし、「日本では無名だけど海外だけに目を向けた日本のブランドもあるんだなぁ」と感心してた僕。それから1年半。ずーっとMatsuiが日本ブランドであることを疑うことすらしませんでした。

昨日、某サイトを見てたらなんとそこにはMatsuiに関する驚愕の事実が述べられていたのでした。まずは、もうお分かりだと思いますがMatsuiは日本のメーカーではない!実はDixonっていう電気屋さんのオリジナルブランドでした。このMatuiが登場したのは1980年代らしいのですが、その頃は(というか今も?)Made in Japanの電化製品と言えば高質なイメージがあったのでメーカーはMatsuiという日本っぽい名前をつけることで客に日本製だと信じこませ売り上げを上げようとしみたいです。しかもこのMatsuiの製品、Dixonで売られてる他のブランドの製品と全く同じ製品らしいです。ただMatsuiって書いてあるだけ。これってもう立派な騙しだと思うんですが。。。

ともかくこの戦略にうちのホストファミリーはまんまとやられてしまったみたいです。
posted by ヤス at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

素敵な人〜パート2

今日は昨日のおばさんにひきつづき素敵な出会いがあった一日でした。といってもまずは嫌なことから起こります。今日はスコットランドのFAカップがあり、しかもロイ・キーンのデビュー戦になるって噂もあったので中村俊輔が所属するセルティックの試合を見に近くのパブにいくことにしました。まずパブに入ると客が僕の他にカップル1組というすごく気まずい状態でした。その気まずさからじっとしていられずレモネードを一杯ひっかけることに。そしてキックオフの瞬間を今か今かと待っていたのですが、なんとそこのパブでは違うチャンネルを放送してたらしく試合が見れず。「ここまできたら引き下がれないしなぁ」と思いレモネードを一気飲みして違うパブへ。

うろうろしながらもようやく次のパブへ到着するともう前半の30分でした。今回はなにも買わなかったけど堂々と一人で4人がけのテーブルを占領してやりました。時々ちら見してくる店員さんが気になったけどかたくなにい続けました。スコットランドのチームの試合を見るのは初めてだったし俊輔やキーンのプレーが楽しみだったのですが思ったよりレベルが低くちょっと残念。いつもプレミアの上のほうのチームの試合しか見ないからそう感じるのだろうか。。。とにかく試合はセルティックが1−2で敗戦。その瞬間パブをさった2人の男性がいたので「今だ!」とばかりに僕もパブから退場。その後、昨日買った電気スタンドを使うためにウィルキンソンに延長コードを買いに行きました。ところがレジが2つしか空いてなかったので長蛇の列が。。。僕の前の女性2人組みもなにやらたくさん買い込んでいたのですがその後の予定もなかったしそこでじっくり待つことに。ところがその2人組の番になると僕がたった1つの商品しか買わないのに気づいてくれて「さきにどうぞ」と声を掛けてくれたのだ。昨日に引き続き人の優しさに触れた良い一日となりましたとさ。ありがとうお姉さ〜ん!(今回はほんとにお姉さんでした 笑)
posted by ヤス at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

フリマ??

うちの寮は電球のせいか部屋や廊下が暗すぎです。なんていうかオレンジ色っぽい電球を使用してるとでも言いますか。きっと白い電球を買えばこれは解決されるだろと思い買ってみたんだけどやっぱり部屋の明かりはオレンジ色で暗いままです。間違っちゃったの買ったのかな?それともこれはワットの問題なのかなぁ。。。誰か解決方法を知ってる人いませんかね。。。というわけでこの部屋で勉強してたら目が悪くなりそうなので前々から電気スタンドが欲しいなぁと思ってたんだけどいざ買いにいくと僕が欲しいタイプのがまったく売ってなかったのでしばらくは暗い部屋での生活を我慢していました。

ところが今日土曜日の日課であるASDAへの買出しの帰り道にて、Women's hospitalの駐車場でフリマのようなものが開催されてるのを発見!そーいえば前も見たことあるなぁ。毎週土曜日に開催されてるのだろうか。なんとそこで僕が欲しいと思ってたタイプの電気スタンドまで発見!値段は£7.5だった。まぁそんくらいだったらいーかと思い購入を決意するも買い物の後だったのでお金が足りず近くのATMまでおろしに行くことに。ところが帰ってくるとまだ11:30だというのにみなさんそろって店じまいを始めてるではないですか。あわててさっきのところに戻ると彼らも例外ではなく店をたたんでいました。とりあえず電気スタンドが欲しいって言ってみた。するとそこのおばちゃんは「5ポンドだよ」とやさしく答えてくれた。その直後「あれっ7.5ポンドだったっけ?」と値札で確認してたけど。とりあえず£10札で支払いをすましお釣を待つことに。と、おばちゃんはお釣りとして5ポンドもってきてくれた。そう、値引きしてくれたのだ!「袋いる?すごく質わるいけど(笑)」というオファーまでもらったけどそれは断っときました(笑)というわけで今日はこんな素敵なおばちゃんとの出会いがありました。ありがと〜、おばちゃ〜ん。いやお姉さんと呼んでおこう。
posted by ヤス at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

スーパー×大量×自己中

漫画ハンターハンター風のタイトルにしてみました。
欧米の人はスーパーなどに買い物にいくときは一度に大量の買い物をするイメージがあるけどどうやらこれは正しいみたいだ。そーいえば一度ハウスメートとASDAというスーパーに行ったときも彼らは袋にして5つくらいの量を買ってたなぁ。帰りにバス停から歩いてるときにかなり大変そうだったのを見て内心「そんなにいっぱい買うからそーなるんだよ、ふ」なんて思ったこともあったなぁ。こんなにたくさん買うくらいだからもちろんカートもでかい。成人男性がかるーく乗れるほどだ。大量購入する人たちにとってはありがたいことなのかもしれないけどそーじゃない人たちにとってこのカートはかなり邪魔です。スーパーの中は結構ごみごみしてるのでこのカートが通ろうものなら他の人は避けなければならないし、後ろからカートが迫ってきたらゆっくり商品を見るどころじゃありません。一番やっかいなのはほんの少ししか買わないのにカートを使ってる人たち。まぁご老人はしょーがないとして他の人は普通の買い物カゴを使って欲しい。まぁいい意味でも悪い意味でも自己中心的なこの文化ではそんな気遣いないだろうけど。ちなみにスーパーで自己中文化が垣間見れる行為はまだまだあります。例えば試食。というか軽い盗み。商品のマスカットを普通に試食してます。今度やってみよーかな。あとはやっぱりレジかな。レジの人たちは平気で隣のレジの店員としゃべってるし、態度もわるいです。明日スーパー行ったときは感じのいい店員だといーなぁ。。。
posted by ヤス at 09:07| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

赤ちゃん大国

お年玉、お雑煮、箱根駅伝、凧揚げなど僕にとってお正月と思えるものがまったくないのでいまだに2006年になった気がしない今日この頃です。もう日付感覚すらないのですが今日はショッピングに行ったときに思ったことを書いてみようかと思います。

まず思うのは人の多さだけどこれは日本だろうがどこだろうが世界共通のことだと思うんでいいのですが、こっちでは異常なまでに赤ちゃん連れの買い物客が目につきます。なかには外に出すにはまだ小さすぎるのでは?と思うくらい小さな赤ちゃんもベビーカーに乗せられ買い物に付き合わされてます。でもこれは正直やめた方がいいと思う。まず始めにこっちの店はそんなに大きくなく、中がごちゃごちゃしてるのでベビーカーを連れてこられると非常に歩きづらいし買い物どころではなくなります。そしてイギリス人は日本人と同じくらいよくタバコを吸うので受動喫煙とかもしちゃうと思うし。リバプールにはSt, John'sショッピングセンターっていうさまざまな店が入った建物があるんだけど、そこは禁煙なのにもかかわらず平気でタバコをすってる人がいるくらいよくタバコを吸います。あと気になるのはお母さんたちの年齢がい異様に若いことかな。10代での出産が多いみたいです。日本では町で赤ちゃんをみかけることなんてほとんどなかったのでこれだけ赤ちゃんをよく見かけるとイギリスでは少子化問題はないのかなぁとさえ思えてきます。
posted by ヤス at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

ショッピング

クリスマスも終わりこっちではクリスマス後のセールが始まりました。というわけで昨日はシティセンターは人、人、人でした。リバプールにもこんなに人がいたんだとびっくりしました。あまりの人の多さに自分は何も買えずスーパーで夕飯の材料だけ買って帰宅せざるをえませんでした。僕は基本的にあまり現金を持ち歩かないのでカードで会計を済ませることに。といっても使ったのはクレジットカードではなく銀行のキャッシュカードです。こっちでは銀行のカードもDirect Debit Cardと言い普通のクレジットカードと同じように買い物ができます。日本でもこのシステムは普及しつつあるらしいのですがやはりカードは欧米の方が発達してると思います。このダイレクトデービットのいい所は買い物したときに使えるだけでなく、そのときに現金も一緒に下ろすことができるところです。というわけで昨日も買い物したついでに£10おろしました。ちなみにこの£10はスーパーのレジからでてきます。だいたいATMには長蛇の列ができてるのでこのシステムはとてもありがたいです。まぁ日本だったらコンビニにATMがある時代だからこんなシステムがなくてもすぐどこでもお金を下ろせますね。。。このDirect Debitはだいたいどこでも使えるんだけど気をつけなきゃいけないのは「○○ポンド以上買わないと使えません」ってところが結構あることです。僕もこの前3ポンドくらいのちょっとしたものを買ったときにカードで支払おうと思ったら5ポンド以上じゃないと使えないって言われてしょうがなく他の商品も買って5ポンド以上にしました。やっぱりカードにはなれてないんで現金が便利です。
posted by ヤス at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

寝相が悪いのか。。。

朝起きるといつもベッドのシーツがぐしゃぐしゃになってます。自分ではそんな寝相が悪いつもりはないんだけど決定的な証拠があるので言い訳はできないわけです。しかしもしかしたらシーツが悪いのではと思い取り替えてみることにしました。今まで使ってたのは端にゴムが入っていてベッドにフィットするようになってたんだけどこのベッドシーツは寮から借りてるやつだからか、ゴムがちょっと伸びてる気がします。そんなわけでベッドカバー買いに行きました。ところがいざ買おうとすると色んな名前のがありどれを買っていいのかわからなかったので家に帰って辞書でしらべてみること。

ベッドカバーはBed (fitted) sheet
掛け布団カバーはDuvet cover
だそうです。両方ともsingle, double, kingのサイズがありベッドカバーはfittedがつくとゴム付きなのではないかと思われます。ちなみに枕カバーはpillowcaseと言い掛け布団カバーとセットで売られてることが多いです。

と言うわけでsingleサイズのベッドカバーを無事購入しさっそく取り替えてみました。そして今朝起きてみるとベッドは寝る前の状態と何も変わってませんでした。これにて自分の中で寝相が悪いと言う仮説は飛んで行きました。ただベッドカバーと掛け布団、枕の色のコラボレーションがちょっとおかしい気もするけど気にしないでおきましょう。
posted by ヤス at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

昨日に続き電球ネタ

昨日違う型の電球を買ってしまったので(詳しくは昨日の日記参照)今日は払い戻し兼ちゃんとしたのを買いにいった。店に到着して払い戻ししたい旨を伝えると意外とすんなりいったのはいいんだけど住所とか色々書かされサインまでさせられた。これまでの生活でイギリス=適当という方程式が僕の中で出来上がってしまったんだけど意外とこーゆーことには厳しいんだなぁとちょっぴり驚愕。なんだか普段は結構おおざっぱなんだけどどーでもいいとこにはかなり細かいO型のようだ(ちなみに僕はO型です)。払い戻し終了後はちゃんとした型の電球を4個買いました。

これで昨日買ったのと合わせて6個も電球を買い家中の電球を取り替えました。これでようやく安心して夜でもトイレに行けます(笑)。しかしもうこの家には僕しかいないということでだいぶ好き勝手にさせてもらっています。普段掃除しようと思いつつもどーせすぐに汚くなるので放っといてるキッチンもいちおーO型なりにきれいさにしたし、普段は時間がかかるからシャワーだけなんだけど今はお風呂にはいってリラックスしてるし、部屋で音楽ガンガンかけてカラオケしちゃったりもしてます。生活リズムもだいぶ休みモードになってきてます。夜に勉強するのが苦手な僕は学期中は朝7時半に起きて(もちろん目覚まし様のおかげですが)午前中を有意義に使うようにしてたんだけど今は携帯の目覚ましアラームは完全オフモードで朝気づいたら10時くらいになってるし、特にすることもなくダラダラとTV見てすごしたりしてます。というわけでこの冬休みはゆっくり過ごして来学期に備えたいと思います。
posted by ヤス at 08:38| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

あらたなお友達

僕の留学生活にあらたなお友達ができた。まだこっちにきたばっかで時差ぼけがあり昼間に眠くなったときに一度彼にお世話になってから早2ヶ月半。久々の再開である。彼はRed Bullというなんともかっこいい名前をもっているのだが実際にすごい奴だ。普段は夜はまったく勉強しない僕だがちょっと課題がやばくなってきててそろそろ夜も頑張らなくちゃならない状況に追い込まれてしまったので彼の力を借りることにした。

レッドブル君とはカフェインを80mgも含んでるタイ発信のスタミナドリンクのことでした(笑)昨日は夜10時に早くも眠気が襲ってきたのでこのレッドブル君をいただきました。すると一気に脳がすっきりするのがわかりHGレイザーラモンばりに「フォー!!」と叫びたくなるほど一気にテンションが上がっていきました(もちろん僕の叫びは心の中だけでしたが)。このレッドブル君結構おいしくてオロナミンCみたいな味をしてます。効き目も結構長持ちして一本で12:30まで(2時間半)もちました。しかし残念ながら一本200円ちょいするレッドブル君を買ってまで獲得した時間を結局はTVでチャンピオンズリーグのハイライトを見ることに費やしてしまいました。

このレッドブル君なんと世界100国以上に輸出されてて2000年には世界で10億缶も売れたそうです。なんとそのうち2億6000万本はイギリスで消費されたとか(ウィキペディア参照)。しかし恐ろしいことに多量に使用した際の副作用で死亡事件が続出したそうです(カフェインを大量に含むため)。。。そのためタイでは「一日に2本以上の服用は危険です」の表示が義務づけられているだとか。しかしそんな表示イギリスでは見たことないぞ!今日すでに一本飲んじゃってるし明日が課題の提出日のため夜にまた飲むことになるだろうしこれは危険だ。。。これから3年間レッドブル君とはうまーく付き合ってかないと大変なことになりそうだ。。。
rbl.jpg

posted by ヤス at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

部屋にTVがやってきた

今日の日記はすごくハッピーな内容になるハズだった。というのも昨日amazonで買ったWinTVというパソコンでテレビが見れるやつが届いたからだ。このWinTVはおおきさは外付けフロッピーディスクくらいでそれにTVのアンテナを差し込んでパソコンにUSBでつなぐだけでパソコンでTVが見れるというすぐれもの。昨日学校から帰ってきたら届いててすごくテンションがあがった。そしてさっそくTVを見ようと思ったんだけどアンテナは付属されてなかったため買いに行くことにした。この時点で5:10。5:30でお店がしまってしまうので(文字通り)走って買いに行った。

息をきらしながらも無事アンテナを購入できたのでさっそくインストールしてみた。そしてどのくらいの映像の質なんだろうとドキドキしながらダブルクリック。しかし第一の問題がいきなり発生した。画面が真っ暗になりその3秒後にふつうのデスクトップ画面に戻ってしまうではないか。何度繰り返してもTVを見れる気配がしなかった。仕方ないので説明書とにらめっこを開始。なんとか原因をつきとめ説明書どおりに設定しなおすと無事にTVが作動した!まぁものすごくきれいってわけにはいかなかったけどそれでもちゃんとTVが見れることに感動。しかし第二の問題が発生。音声が聞こえないではないか。これではTVの意味をなさないので仕方なく説明書とのにらめっこ2回戦開始。また設定をし直すと無事音声が聞こえた。これで一安心した僕はこのあとも色々といじくってみて満足したのでTV画面を閉じることにした。ここで第三の問題発生。WinTVがかたまってしまって閉じれる気配がしない。何回やっても閉じられず仕舞いにはMSNメッセンジャーまでかたまってしまった。しょうがないのでパソコンの電源自体を切ってみた。ここで第四のトラブル発生。「ウィンドウズをシャットダウンしています」というあの青い画面から先に進まない。なんとこの状態が5時間もつづきあきらめた僕は自分の電源を先に消すことにした。

今朝起きてパソコンを開いてみると無事に電源が切れてたし、電源を入れるとこれまた無事に作動してくれた。ただまたかたまったら困るので今日はまだWinTVは作動させてません。。。ブログもアップしたことだし今からWinTVを作動させてみます。
posted by ヤス at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

商売上手なリバプールFC

リバプールFCは去年奇跡の逆転でヨーロッパチャンピオンに輝いた。だからかは知らないけど今年のリバプールFCはチャンピオンズリーグ(以降CL)で背番号やその他のラインに金色を用いたユニフォームを使用している。そのユニフォームの販売がつい先日から開始されここリバプールではそのユニフォームを着て誇らしげに歩いている人をよく見かける。そしてふと思ったんだけどリバプールFC(だけに限ったわけじゃないけど)はとても商売上手だと思う。

プレミアリーグが8月の終わりに始まりそれに伴い今シーズンのユニフォームを販売開始。熱心なサポーターがユニフォームを買わないわけがない。そしてCLも始まりみなふと気づく「ユニフォームが違う」と。ただこの段階でユニフォームを販売開始しちゃうと金銭的な問題で熱心なサポーターですらプレミアリーグかCLのどちらかしか買わないだろう。そこでCLの方は発売を遅らせる。その間に何試合かCLの試合があってユニフォームのいい宣伝にもなるし発売されてないからこそ人々はそれを欲しがるようになる。そしてついにCLモデルのユニフォームを発売→爆発的に売れる。というクラブのシナリオが大成功してる。

もちろんこれだけではない。このCLのユニフォームですらまだ半袖しか売ってない。うわさによると来月長袖が発売されるとか。これでユニフォームがまた売れクラブの懐もポッカポカという寸法だ。他にもCL優勝を記念したグッズ(Tシャツ、マグカップなど)も多々販売されており限定ものに弱い僕はついついCL優勝記念モノポリーを買ってしまった(笑)
posted by ヤス at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

Chinese Supermarketにて

めずらしくこの時間にブログを更新しちゃいます。ちょっと個人的に感動したことがあったんで (まったくたいしたことじゃないので期待しないでください)。その前にまずは僕の食生活についてちょっと触れておきます。僕の食事は基本的に和食と洋食のミックスです。といっても朝は和で夜は洋のようなミックスじゃなくて文字どおりミックスです。朝はトースト2枚とシリアル(コーンフレーク)そして食後にヨーグルトという完璧なる欧米型なんだけどなぜかここに味噌汁がミックスされてきます。昼食は体にはあまりよくないと知りつつも簡単にすませたいのでインスタントラーメンかどんなに凝っててもご飯炊いて味噌汁と一緒に食べるくらいです。夜は2パターンあってパスタかご飯+野菜炒めです。いづれにしても味噌汁がセットでついてきます。というように味噌汁がかなりの確実で食卓にのってます。で、この味噌汁の具でなにかいいものはないかと今日近くの中国系のスーパーマーケットにいってきました。

僕の寮の近くには2つ中国系のスーパーがあって今日はちょっと遠いけどよりおっきな方にいってみることにした。いつもは買いたいものみつけてさっさと買って帰るんだけど今日はじっくり店を探索した。すると次から次へと日本の食材を発見、そしてテンションも上昇。調味料も醤油や味噌だけでなく焼肉のたれ、すし酢などなんでもそろう感じだった。とりあえず昼食用に出前一丁と焼きそばをかごにいれしばらくぶらぶらしてると今度は豆腐を発見。今まで豆腐なんてこっちで見たことなかったし味噌汁愛好家の僕にはこの発見に本当に感動した(すいませんこんなつならない感動で。しかもよーく考えたら中華料理のレストランで麻婆豆腐などで使われてるんだから当然どっかで売ってますよね。)ちょうど朝にみそ汁を大量につくってしまったため今回の購入は見送ったけどこれは確実にいつか買うと思う。そしてこの感動が冷め切らなかったのかラーメンだけ買って帰るのが嫌になり甘党のぼくはこっちのスーパーではみかけないロールケーキも買うことにした。寮につくと待ちきれなくて思いっきりかぶりつこうと思ったけどやっぱりちゃんと切ってから食べました(笑)でも甘党の僕ですら悲鳴をあげてしまいそうになるくらい甘くひときれ食べた頃にはもうお茶がそこをつきました。思いっきりかぶりつかないで本当によかった。。。てか結局僕はなにが言いたかったのだろう?
posted by ヤス at 02:28| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

今日は日曜。。。

日曜はサッカーの練習の日で今週は3:30からだった。僕の中でサッカーの練習と言えばウォーミングアップしてボールまわしの練習をしたりシュート練習したりして最後にミニゲームをして終わりって感じ。だけどうちの部ではアップもなしにいきなり11対11の試合をすることがどうやら練習らしい。

この日は最近知り合いになった日本人の方々と夕飯をたべることになっていた。7時過ぎくらいに車で迎えにきてくれ食材をかうためにASDAというイギリスで一番安いスーパーに食材を買いにいくことにした。しかし車中で大事なことにきづいた。今日は日曜日。イギリスでは日曜は本当に「休日」。日曜は店を開けないところもたくさんあるし仮に開けてても5:30〜6:00にはほとんどの店がしまってしまう。もちろんスーパーも例外ではない。最近は24時間営業してるスーパーもちらほらできはじめてきてるがそういったところでも日曜は夕方にはしまってしまうほどだ。

さいわい、彼の家にあった材料で巻き寿司パーティーができ昨日肉じゃがづくりに失敗した僕にとっては本当にすごく美味しく感じられた。本当に感謝の気持ちでいっぱいである。またこういう機会があるといいのだが。これから寒くなるので次は鍋をお願いします!
posted by ヤス at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

トーガパーティー

ついこないだの金曜に寮のご近所さんとトーガパーティがおこなわれた。来るか?と聞かれたので一応いくことにした。するとおもむろにベッドのシーツを渡してくるではないか。これは何に使うんだろーって考えてるといきなり体にまきだすではないか。あれよあれよという間に古代ギリシャ系のルックスに変身してしまった。そこでトーガって何?と疑問に思ったのだが誰に聞いても知らないの一言だった。なのにみんな「トーガ、トーガ!!」と絶叫しながら飲んでいた。

後で調べてみたらトーガとは”古代ローマ市民が着用した外衣。半円形または楕円形の布をからだに巻くように袈裟(けさ)がけに着る”(国語辞書;大辞泉)だそうだ。彼らにとってはトーガパーティーじゃなくてトーガパーティーなのだろう。テーブルやら椅子やらを持ち出して家の前でやっていたのだが時間がたつにつれてみんなのテンションもあがり大音量で音楽までならしはじめた。そこで登場したのが寮の管理人である。もちろん静かにしろと言いにきたわけでしぶしぶ音量をさげるもののほんの5分もしない間にまた音量はMaxに。そして管理人再び登場。しばらくはこの繰り返しだった。ここらへんで僕はさりげなくパーティーからおいとました。

次の日起きてみるとキッチンがありえないくらい汚かった。洗われてない皿。雨が降ったせいでどろどろのキッチン。誰も掃除しないのは目に見えていたので1時間くらいかけて掃除をした。そしてそのご褒美に誰のかわからないアイスをご馳走になった。ちなみにパーティー会場になった家からはさまざまな物がなくなったそうです。
posted by ヤス at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

バスには注意!?

リバプールは結構小さい町だけど中心部は結構さかえている。そんなわけでサッカーをするには町のはずれまでいかなければならないのだけど歩くにはちょっとしんどい距離なのでバスを使うことにした。イギリスのバスといえば「赤い2階だてのちょっとかっこいい」イメージだがここリバプールにはそんなバスはあんまり見かけない。Arrivaという会社のうす緑色のバスがメインでたまに2階だてを見かけるがだいたい日本と同じ1階のバスがおおいー。見かけは日本のバスとたいして変わらないリバプールのバスだが決定的に違う点がひとつ。いや、よく考えたらいっぱいあるか。

そのひとつが使いやすさ。僕の知ってる日本のバスといえば運転席のところに次の停留所の名前が表示されるし「次、○○です。」といった音声ガイドまでされてると思う。場合によってはちょっとした説明までついてくる。しかしこっちにはそんなシステムはない。自分でどこで降りるかわかってなければいけないのだ。これは長年地元で育った人には簡単なのかもしれないけどこっちでまだバスに乗ったことのない僕にはとうてい不可能な芸当だし、ましてや観光客はどーやってバスに乗るんだろうなどと考えてしまう。ただ運転手に○○まで行きたいとつげると着いたときに知らせてくれるらしい。でもこれは運転手しだいだと実感した。すくなくとも僕がのったバスの運転手はまったく知らせてくれなかったしそのせいで本来おりるはずのバス停でおりそこねてしまった。そのときは一応地図を持っていたのですぐに気づいて赤信号でとまったときにおろしてもらったのだが運転手にものすごく嫌な顔をされた。。。もとはといえばあんたが教えてくれなかったんだろ〜が〜と心の中で叫びながらも「Cheers(イギリス英語でありがとうの意。ちなみに本来は乾杯のときに使う。)」と言って運転手の顔をなるべくみないようにして足早におりた。まぁこれもいい経験と開き直ることにしよう。
posted by ヤス at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

Scouse(スカウス)に完敗。

9月10日(土)僕はロンドンHeathrowに降り立った。そしてEuston stationからリバプール Lime street stationへの直通電車にのりこんだ。座席にすわると長旅の疲れ、これからの期待、不安でいっぱいになった。と、そこへリバプールのユニフォームを着たあからさまにリバプール出身の中年男性4人とその息子2人が僕の前の4人がけでテーブルがついてる席に座ろうとしていた。しかしそこの座席のわきにタグがついていてそこが指定席で予約されてることを知ると次の車両へと去っていった。しばらくするとどうやら座る場所がなかったらしくさっきの6人組みが戻ってきた。そして驚いたことに予約タグをひっぺがし堂々とそこに座りだしたのだ。この時点で「リバプールの人ってこんなんなの??うまくやってけるかな?」とかなり不安になったのだが驚くのはまだ早かった。彼らのうるささときたら半端ない。日本でも電車内でうるさい女子高生やおばちゃん集団がいるが比較にならないくらいうるさかった。しかもビールなどのアルコールまで飲みだしてもはや誰にもとめることのできない勢いだ。テンションも最高潮を迎えると大声でYou'll never walk aloneを筆頭に数々のリバプールの応援歌を熱唱し(叫び?)だした。さらに驚いたことにこの熱唱に車両に乗ってた人ほぼ全員が参加しだした。彼らは別に飲んでいたわけでもないのにだ。やはりEnglandでのサッカーの根付き方は次元が違う。

しかし一番困ったのがやはりScouse English(リバプールの方言)である。後ろの席に座ってたのになんといってるのかさっぱりわからなかった。むしろフランス語のように聞こえた。
Lime street stationにつく頃にはすでに僕はScouserに完敗だった。
もちろん彼らがお酒のビン、カンを置き去りにしてったことは言うまでもない。
posted by ヤス at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出発

ここリバプールに着く前からこっちにきたらブログをつくってこっちでの生活のことをいろんな人に知ってもらえたらなぁって思っていたんだけどもうこっちにきてから一ヶ月くらいがたってしまった。。。というのも今は大学の寮に住んでるんだけどStaffの仕事が遅い!!こっちにきてぐにネットにつなぎたいって頼みにいったのに今日やっっっと使えるようになったという状況です。全然ネットにつないでくれないのでしびれを切らして今朝洗濯しにいくときに受付で文句を言ったら部屋まで調べにきてくれてLANケーブルの差込口になんらかの問題があることが発覚し直してくれるとのことでした。そして昼くらいには無事ネットに繋げるようになったのです!めでたしめでたし。と言いたいところですがこれまでにも2,3回くらい受付に催促しにいったのにそのときは直んなかった。ってことはあの時は何をしてたのでしょう??まぁイギリス人の仕事なんてのはそんなものなんでしょうか??

とにかくなんとかネットができるよーになったので目標であったブログを立ち上げることができました!これからはまずは今までの一ヶ月間の出来事などを思い出せる限り書いていきそのうちに今のことなども書いていければと思ってます。


posted by ヤス at 04:37| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリス>ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。